« 泣きたいときのクスリ2008 第5週~ エリカの話 | メイン | 泣きたいときのクスリ2008 第7週~ 慶子の話 »

泣きたいときのクスリ2008 第6週~ ポン太の話

「泣きたいときのクスリ2008 ~ ポン太の話」
<12/8(月)~12/11(木)放送分>

  ponta2.JPG
  ポン太 ………… 金田明夫










%E6%88%B8%E7%94%B0%E8%8F%9C%E7%A9%822.JPG
  エリカ ………… 戸田菜穂
   アパレル会社勤務(32歳)。
   東京本社から地方支社勤務になり、
   落ち込んでいた時もあるが、
   最近は仕事は絶好調。
   ペットは、豆柴のポン太。




  %E8%BF%91%E8%97%A42.jpg
浅田 ………… 近藤公園
   市役所健康推進課勤務(26歳)。
   電車の中でエリカに一目惚れ。
   今は念願かなって、つきあっている。
   市役所健康推進課勤務。
   母と妹と三人暮らし。







  ひかる ………… 宮本侑芽
   小学生女子(6歳)。
   ポン太を拾う。


  パパ ………… 西川浩幸
   ひかるのパパ(35歳)。
   遅くに酔っ払って帰宅。





脚本:飯島早苗


12/8(月) 第21話「身を引く」・・・
       男の美学。かっこいい。
       ひとりよがりの場合は、非常にかっこ悪い。


12/9(火) 第22話「代わり」・・・
       なくしたものや寂しさを埋めるために、
       別のもので我慢すること。
       それこそが、寂しいことである。


12/10(水) 第23話「くだを巻く」・・・
       大人特有の悪い習性。あたりかまわず、
       普通の人がくだを巻くことができる日本は、
       むしろ平和な国だと思われている。


12/111(木) 第24話「悔し泣き」・・・
       人は、心から願うことに手が届かない時、
       自分の無力を思い知った時、泣きたくなくても泣けてくる。